読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

 



たすちゃん in ニューヨーク       ええやん精神の日々

ええやん18 [EEYAN18]  (特別編 近況報告兼ねての久々記事)

二十歳になりました!

 

明日久々に大学始まります!

 

たすちゃんです!

 

 

f:id:FukeT118:20170123024836j:plain

 

みなさんほんまにお久しぶりです。

270日ぶりです。

帰ってきました。いろんな意味で。笑

 

この9ヶ月あまりの間に色々とありました。

 

まずみなさんに報告せなあかんのが、

 

国連NGOのYouth Delegateに今年からなりました!

 

ひょんなことから、このお話をいただいてありがたく受けさせていただきました。

こんなこと、文字通り有り難いことなのでワクワクドキドキがほんまにとまらんです。

だって国連本部に出入りする為の自分のパスがもらえるんですもん。

いやめちゃめちゃええやん。

 

えー、このNGOはRiverTidesという団体で

学生と国際連合をつなぐことを主として活動しています。

http://www.rivertides.org/rivertides-programs/un-ngo-activities/

一応僕の写真も載ってます。

 

1年と少し前に、このRiverTidesが僕の通っている大学と一緒に

留学生を含めた外国人学生全員を対象としたプログラムを始めて

その一期生として参加することができた。

1日のプログラムですが、会議に参加し、昼食時に自分の将来のビジョン

どういった風に国連と関わりたいのか、実際に起きている国際問題に

どう対峙していくのかなど、とても内容の濃いものでした。

f:id:FukeT118:20170123024835j:plain 

そしてプログラム参加から一年が経過し、もう一度参加できるかを聞いた際に

「もちろん応募することはできる。それと、もし君がよければYouth Delegateとして

今度は運営側で関わってみないか?」との返事をいただき

思ってもみないチャンスに興奮を抑えきれず、すぐにぜひやらせていただきたいと

返事をした。

 

この時思ったのは、大学入ってすぐの頃

そのプログラムに何の迷いもなく応募して良かったということ。

別に、応募して落ちてもええやん。何も失うものはないし、得られるものしかない。

こんな最高にええチャンスなんていつあるかわからんし。

そういう風に考えて、500字ほどのエッセイを書き何とか選ばれ

大学入学後数ヶ月ほどして初めて国連本部に足を踏み入れました。

そのとき、ここで生きていきたいと改めて感じました。

絶対に自分は近いうちに、ここに戻ってくるやろ、と根拠のない自信で

自分を納得させた。前の記事に書いたように、言葉の力、声に出す力はすごい。

これからこの最高にええやんな機会を活かしてどんどん走っていきたい。

そして他の学生にもっとこういった機会を創っていってあげたい!

 

f:id:FukeT118:20170123024813j:plain

さて、ほかにも色々あったんですわ。笑

上の写真は、ISUという前に紹介したサークルのようなものの演説中の写真。

はい、ファンキーな甚平に身を包んだたすちゃんです。

(ちなみにこの甚平は、染師の友達に染めさせてもらいました!

染次良というところで、とっても素敵な染屋さんです!良かったら覗いてください

https://www.facebook.com/somejiro.wonderark/?pnref=lhc

 

しかも実のところ、友達が勝手に私の名前で応募してました。笑

一瞬怒りかけたけど、まぁええやん自分から立候補とかせんし、せっかくやから

やってみるのもええかも。

と思い、3時間前くらいにスピーチ考えて、結局みんなの前で全部飛んで

(まぁしゃーない、いつもそう)

心から浮かんだ言葉を何とかつなげてしゃべったら、意外とみんなに通じて

当選した。

 副部長のようなポジションでやらせてもらってます!

 

こんなとんでもない友達を持って良かったと感謝。ありがとう。

 

 

 

ほかには、夏休みの最初にロサンゼルスに行ったり

f:id:FukeT118:20170123024812j:plain

 

 

家族がきたので、ニューヨークを案内したり

(ほんまはもっといいたいことあんねんけど、多すぎて割愛

とにかく家族に対する愛は凄いと感じた一週間でした)。

f:id:FukeT118:20170123024825j:plain

 

 

このとっても素敵で優しい(けど崩し技うますぎて空手になるとドSな)女性と

総流の空手家さんの通訳を一緒にしたり

f:id:FukeT118:20170123024845j:plain

 

 

ボストンキャリアフォーラムに参加したり

f:id:FukeT118:20170123024848j:plain

 

 

ほんまに色々つまった270日間でした。

 

 

 

f:id:FukeT118:20170123024842j:plain

 

あ、あと家が水浸しになったり。

逆にヒーター壊れて家の中0℃になって凍えて友達の家に避難したり。

 

 

いいも悪いも含めて、楽しくわちゃわちゃな、充実したええやんな日々です。笑

 

それではみなさん良い1日を!

 

 

あー時差ぼけ辛い。

_______________________________________

 

Hey folks.

I know I didn't update this blog for like what, 270 days?

Yea exactly 270 days. Procrastination everywhere.

 

SO, first thing first,

 

 

I BECAME A YOUTH DELEGATE OF NGO ASSOCIATED WITH THE UN

 

 well, not really, I mean not yet.

This means that I get my own pass to the UNHQ in the NYC.

How does that sound now? not bad right

 

 

The NGO is called RiverTides.

http://www.rivertides.org/rivertides-programs/un-ngo-activities/

"RiverTides is committed to strengthening the historic role of the civic sector as a seed bed for new, innovative responses to social issues."

 

So how did this happen?

About a year ago, I participated in this program by RiverTides and the center for international programs at SUNY New Paltz, where we go to the UNHQ for a day ( I got excused for the absence yay) and attend a briefing.

It is much much more exciting than it sounds. I have a tendency of reducing the excitement of things, sorry about that. 

 

But seriously, it was one of the best experiences I had ever had. Thus, I decided to ask them if I can participate again this year. I think this was in October or so.

Then I got a reply back saying,

"Of course you can apply again. Furthermore, if you are interested, RiverTides is looking for a youth delegate from 2017. Let us know if you would like to know more details."

 

MAN IT FELT GREAT WHEN I GOT THE EMAIL.

I was so happy like the words can't describe how happy I was.

So I replied and told them that I am more than interested.

 

I still have not gotten my pass yet but hopefully, in February I will get it.

 

The thing is, I was very proud of my decision that I made in 2015. If I did not apply for the program in the first place, I would have not gotten any of these opportunities.

It is important to believe in what you can do, and act before thinking too much.

Sometimes too much thinking can stop you from taking risks, which can of course turn into opportunities that can brighten up your entire future.

So folks, don't think, feeeeeeel as Bruce Lee once said.

 

 

Apart from this, a whole bunch of shit happened in the past 270 days.

Excuse my language there.

I became a Vice President of a club called ISU (International Student Union).

Went to LA for the summer last year.

My family came to NY all the way from Japan.

Worked as an interpreter for Karateka (Karate master).

Attended the Boston Career Forum.

And many more crazy stuff.

 

Anyways, I have been very happy to be surrounded by such elegant, fun, awesome,

cheerful, wonderful people.

 

 

This year, I keep Dignity, Gratitude, and "Don't think, feeeeel" as my aspirations.

 

 

f:id:FukeT118:20170123034441j:plain

Peace out people, and have a great great day all.