読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

 



たすちゃん in ニューヨーク       ええやん精神の日々

ええやん4  (愉快な仲間達編 怜くん)

愉快な仲間達編

外が寒すぎて鼻水がとまりません!

たすちゃんです!

f:id:FukeT118:20160214142920j:plain

うん、寒い。

 

今日は、ブラウニーを作りました!

明日(日本では今日)、バレンタインデーなので。

 

 

とは言っても1から作ったわけやなくて、

なんかチョコブラウニーの素みたいなのを

近所スーパー"Stop and Shop"で

買ってきた。

 

 

写真は、撮るの忘れたから

勘弁してください。笑

f:id:FukeT118:20160214131136j:plain

 

この愉快な仲間たちの一人、怜くんと作った!

 

彼について長く話しします!

 

怜くんは、出身は 

福岡

で、長崎の大学に通っている20歳(まだやけど)の青年。

(出身長崎っていうと、ばり怒られるんでちゃんと書きました。笑)

 

f:id:FukeT118:20160214133257j:plain

この写真が本人的に一番よかったらしい。笑

 

パズドラが大好きで、タバコがなかなかやめられない20歳。

(本人曰く、やめたらしいけど。昨日横に座ってて、タバコ臭かった。笑)

 

 

本人の前ではよー言わんけど、勝手に親友やと思うてる。

交換留学生としてこの大学に来てる彼ですが、

ここにいる日本人学生の中ではダントツで、英語が成長してます!

 

1年間の留学できたのにもかかわらず、半年でもうすでに

日常的な会話は完璧に不自由なく、ホンマに危機感を覚えます...

 

 

f:id:FukeT118:20160214140554j:plain

バスケもめちゃできるんです!

もーホンマに一緒にバスケしとると、

だんだん萎えてくるくらい。笑

 

んでもめちゃ優しいし、教えてくれるから

バスケでもいい先輩!

 

 

書き出したらキリがないんでこの辺にしときますが、

これからも何回も記事に登場すると思うんで

そん時にまた書きますわー!

 

f:id:FukeT118:20160214131147j:plain

 

というわけで、めちゃめちゃ美味しいブラウニーができました。

 

明日、学校のみんなに配って周ります!

 

ほなっ!

みなさんおやすみなさい。

 

 

あーさむっ。

ええやん3 (特別編 Biography)

特別編

どうも毎晩楽しく過ごしてます!

たすちゃんです!

 

今日は...

書くことがあんまりないんで

 

自分自身のことに関して少し書きます!

 

 

僕は、1997年の冬に日本で生まれて2歳で初めて飛行機に乗りました。

その時の目的地は、なんとインド!でした。

とはいうても、半年もいなかったんかなぁその時は。

 

f:id:FukeT118:20160213173518j:plain

 

日本に帰国して、4歳の時にタイのバンコクに移住。

最初はインターナショナルの幼稚園に通いました。

はじめて通った時はとにかくお母さんと離れるのが嫌やったから、

泣いて泣いて泣きじゃくりました。笑

 

それでも次第に、慣れていってロシア人の友達ができたり、誕生日をみんなに祝ってもらったりと、楽しい生活が続きました。

そこでは四六時中、英語で会話してたので、幼稚園児といえどその時の経験が今でもかなり生きてるな、と感じます。(特に、発音)

 

途中でタイのバンコク日本人学校に入学して、それからは英語はめっきり使ってません

8歳になってから日本に帰国しまして、そこから多治見やら名古屋やらに住んで

普通に公立の小学校に通ってました。

 

ほしたら、急に小学校6年生の時に、親父が

「言わなあかんことあんねんけど、今度インドに赴任することになった。」

て。

 

僕は、「おーまじか、インドか熱いな」ていったことくらいしか覚えてないけれども、

うちの姉が泣きじゃくってたのめちゃ覚えてる。

やっぱり部活とかしてたから、余計に思い入れが強かったんやろう。

 

その時、僕は小学校で「帰国子女」っていうこともあって、いじめを受けていたからそんなに思い入れはなかった。というか、ほとんどなかった。

むしろ

はやくここから出して、

という気持ちが強かった。

 

そんな時に舞い込んだこのインド話!

最高やんけ!

と思い、テンションが上がる一方。

 

さてインドについた。

12歳の時に、インドに再び降り立った。

10年ぶりに。この臭くて、うるさくて、汚いインドに。

 

最初は、日本人学校に通っていた。小1から中3まで全校生徒25人余りの学校に。

ここで、僕の人生は90度変わったといってもいいと思う。

自分より下の学年と頻繁に遊んだり勉強を教えたりしているうちに、自分の(いじめられてた頃の)内気な性格が、だんだんと明るくフレンドリーな性格に変わっていったのが自分でも感じられた。

 

f:id:FukeT118:20160213173624j:plain

 ↑

一番後ろの、左から4番目です。笑

 

児童生徒会長を務めて、余計に責任やらなにやらを感じて自分なりに成長していき、

高校部がなかったため近くのAmerican Schoolに転校せざる得なくなった。

 

 

 

American School of Bombayというインターナショナルスクールで、

結果2年間を過ごした。

ここで僕の人生は、またも90度変わった。

井の中の蛙になりかけていた僕を、

またもやどうしようもない窮地に立たせてくれた。

世界の広さを、ここでとことん、身をもって知った。

 

学校での初日、なにも説明もなく一人ただつっ立たされていた。

友達ももちろんいるわけなく、周りの外国人がなにを喋っているのかもわかるわけがないから、どうしようもなくただ文字通り突っ立っていた。

 

だんだんと友達ができ、少しづつ周りの人がなにを言っているかわかってきた。

この段階に至るまでに何ヶ月かかったか。覚えていない。

 

でも、最初は

何時にどこで授業があるのか、何の授業なのか、先生がなにを言っているのか、なにもわからなかった。自分を親切にも助けてくれる人がなにを喋っているのかもわからなかったのは、なんだかつらかった。

 

わかったふりをして、周りの友達の話に相槌をうったり、笑ったり、そういったことをするのが自分に嘘をついてるようで、余計に辛かった。

 

なんども夜中に急に起き、何のためかもわからない宿題を必死にやりながら、

時には奇声をあげることもあった。

 

精神的にかなりきていて、シャワーを意味もなく流して、私服のまま何十分も泣き崩れていたことも何度かあった。意味もなくティッシュを燃やしたり、今思い出しても

「あの時の自分、なにしてたんやろ。笑」て思うくらい不可思議な行動ばかり。

いまでもこの時の自分の不安定さは、忘れられない。

いい意味でも、悪い意味でも。

 

f:id:FukeT118:20160213173724j:plain

一番仲が良かったグループ!

帽子かぶってフードかぶってる舌出した、いちびってるのが自分です。笑

 

 

 

 

そんな時、親父にまた言われた。

「日本に帰国することが決まった。」

 

ほんでも最後の何ヶ月かはホンマに楽しくて友達と離れるのがホンマに辛かった。

めちゃめちゃ泣いて、自分だけインドに残って高校を卒業するっていう選択を親に本気で相談したくらい、みんなと一緒に居たかった。

高校をそこで卒業して、そのままアメリカの大学に進もうと思っていた。

今思えば、あの時決意したことが、結局ここで実現されている。

 

 

そんなこんなで日本に帰国し、南山国際高等学校に編入し卒業。

 

f:id:FukeT118:20160213173836j:plain

南山国際高等学校の体育祭で、体育祭執行委員を務めた際

 

卒業前、高校2年生の時、

ここでも進学について色々と先生に相談した。

当初は、カナダの大学に指定校推薦をもらっていて自分もそれに向けて準備を進めていた。でも高3になって、だんだんと考えが変わった。

「日本の大学もいいんやないやろうか。」

先生に、上智や早稲田の推薦はどうだと言われ、その名前に心が揺らいだ。

やっぱりお金のことを考えればそっちの方がいいのか。

名前を選べば、そっちの方が就職活動とかに有利なんか。

色々と考えて結局、アメリカの大学

それもニューヨーク州立大学に決めた。

 

無事合格し、入学したのがこの前の夏。

そして今、ここでソファに座って、ブログを書いている。

 

 

 とっても不思議な縁に紡がれて

今ここにいます。

 

f:id:FukeT118:20160213173944j:plain

国際連合のプログラムに参加した際

(ちなみに一番左が、お世話になっている僕の彼女です)

 

 

 

今まで自分が歩んだ道。

決して全てが自分で選んできた道とは言えませんが、

全て自分が歩いてきた道であることには違いはありません。

 

後悔なく、何もかも「ええやん」で包み込めるように。

これからも邁進して参ります。

 

長くなりましたけども、これが自分の歩いてきた道です!

文字にしてみると案外そんなに長いもんでもないんですね。笑

 

 

乱文失礼しました。

これでもできるだけ短くまとめたつもりです!

 

それでは、これからも

たすちゃんの応援、よろしくお願いします!

 

それでは!

みなさんおやすみなさいー!!

 

f:id:FukeT118:20160213171853j:plain

家族からのパッケージ!

やっぱりどこにいても嬉しいものですね!

 

愛を感じます。

 

 

f:id:FukeT118:20160213172143j:plain

(ニック、レイ、自分)

 

みなさんお元気で!

ええやん2  (大学生活編 International Student Union)

大学生活編

今日の最初の授業が休講になりました!

たすちゃんです!

 

さて、今日は

 

International Student Union 

についてです!

 

https://www.facebook.com/SUNYNewPaltzISU/

 

International Student Union (以下ISU)は、様々な国から来た学生が集まり

自身の国のプレゼンをしたり、各国の遊びや踊り、文化などを体験するサークルです!

 

 

f:id:FukeT118:20160212142725j:plain

台湾のプレゼン!今学期最初のプレゼンでした

 

毎週水曜日と木曜日に集まり、様々な活動を行うサークル

Internationalって書いてはいるものの、もちろんアメリカも入ってるから

アメリカ人の学生もメンバーにたくさん居てます!

 

 

自分もめちゃめちゃ活動してる風に話してるけど、実際恥ずかしながら

前の学期は全然いってません!ほとんど集まりいってない。笑

 

ほんでも今学期は行く!って決めてるから行ってます。

 

f:id:FukeT118:20160212142722j:plain

国際文化フェスティバル (Multi Cultural Festival)

 

このフェスティバルに関しては、また後日詳しく書きたいんやけども

簡単に言うと、各国のブースを作って料理とかも出しながら色々と文化を味わってもらう(文字通り)というイベント!めちゃめちゃ楽しいし、とにかく知らんことがいっぱいあっておもろい!

 

ダンスなども披露されて、参加型の企画もたくさんありました!

次の開催時にまた記事を書きます!

 

 

それにしても、このサークルはホンマにええ人ばっかりで

その証拠に、何度か

ベストサークル賞!みたいなんにも選ばれてます

 

 

f:id:FukeT118:20160212142729j:plain

この前のブラジリアンダンスナイト (ブラジル人めちゃいてるんです)

 

 

このサークルを通してできた友達は、ホンマに数えられんくらいおって

ただネットワークが広がるだけやなくて、色んな可能性も広がって最高。

 

国際色豊かなこのSUNY New Paltzやからこそ輝くサークルやと思います!

 

 

というわけで、本日はこのへんで。

ほなっ!おやすみなさい!

 

 

f:id:FukeT118:20160212142827j:plain

左からスペイン、ネパール、トーゴ、日本(はい僕です)

最後が切れてるけどアメリカ。笑

 

みんなめちゃ仲良し!

 

ええやん1 (特別編 世界一周バックパッカー吉野 裕斗)

特別編

どーも毎瞬間が楽しいです!

たすちゃんです!

 

さて、ちゃんとした投稿第一弾!

というわけでいろいろと考えた結果...

 

 

今日は、

単独世界一周高校生バックパッカー  吉野 裕斗くん

の話にします!

 

よっしー(吉野くん、以下よっしー)は、その名の通り一人で世界を一周して回っているバックパッカーの高校生です!

 

吉野裕斗の国内旅|高校生単独世界一周バックパッカー

彼のブログです!応援よろしくお願いします!

 

 

彼はニューヨークが最後の都市で、2月11日に日本に帰国しました!

 

僕の受けてる「アメリカの政府と政治」の授業に連れて行ったら

「わけわからんくて、ちょっと寝ちゃいました」って言ってたけど、

また英語たくさん学んでまたアメリカの大学の授業に挑んで欲しい!

絶対成長がわかるはずや!

ほんでも、なんか高校生らしさが残っててかわええなぁと思ってしまった。

 

f:id:FukeT118:20160211025456j:plain

授業中に興味深いと思ったことを書いてもらった

 

f:id:FukeT118:20160211022925j:plain

授業を受けた晩、寮の廊下のソファで爆睡。まぁ世界周れば疲れるわなー。笑

 

いやーそれにしてもかっこいい。

もうとにかく「世界一周高校生バックパッカー」て響きがええよなぁ。

 

彼は30カ国以上を旅した、一人前の旅人!

スプライトを使ったポン酢の作り方だとか、バングラデシュのいいところだとか、色んなことを我々教わりました!

 

でも一番、彼に教わったことは

 

「人を褒められる素直さ」

 

「世界一周してる高校生なの!すごい」やら周りに言われると、めちゃめちゃ自尊心が湧いてくると思うんやけど(実際どうかわかりません)、少なくとも彼は自分のことを単純に人よりすごいとは一ミリも思ってへんかった。

 

人って、特に負けず嫌いの人は、相手が自分より優れている何かを持っていてもなかなかそれを認められへんとこってあると思う。

 

やけど、そこで素直に「それめっちゃすごいやん!」とか「かっこええ!」とか褒められるようになるだけで、人って成長すんねや!と最近気づかされた。

 

自分自身、高校生の時、鼻を高くしてた時期があったから余計に心に響いた。彼が言葉にする「すごい!」の一言が、僕をだんだん素直にさせてくれてやっと心から人を褒めて素直になれるようになった!大学一年生になってやっと人を褒める能力が身についた!

 

やから改めて思います、「よっしー、めっちゃかっけーやん。」

 

 

何歳になっても、どれだけ人よりすごい経験をしても、誰と接していても、

「人を素直に褒められる自分」

で居たい!

 

というわけで、このへんで失礼しますー!

ほなっ!

 

f:id:FukeT118:20160211025826j:plain

(左から4番目がよっしー)

 

よっしーお疲れさま!

 

ええやん0  (特別編)

特別編

どーも世界のみなさん初めまして!

たすちゃんです!

f:id:FukeT118:20160210070357j:plain

 

そうです右です。笑

(左はニック、愉快な仲間たちの一人です)

 

このブログは、僕の国際色溢れる大学や僕自身のこと、加えて周りの愉快な仲間たちとの生活とともに、ニューヨークの情報を提供するブログです!(というかそのつもりで)

 

ブログなんて書いたこともないし、右も左もわからんけど、自分の行動がこれを機に盛んになったらええなぁ、と思って始めてみました!

 

適当に読んでもらってリアクションとかもらえたら最高です!

 

というわけで、最初の投稿はこれにて。

 

f:id:FukeT118:20160210070031j:plain

住んでいる寮の前の写真